トップページ > 初心者の安全運用ノウハウ

初心者の安全運用ノウハウ

低資金で低レバレッジ運用でスタート

FXのメリットといえば、やはりレバレッジ。
低資金で高額取引ができる優れたシステムですが、まだFXに慣れていない間は、低めで取引を行って、慣れてきたら少しずつ倊率を上げていきましょう。
しかし、低レバレッジでの取引で利益を出すためには、どうしても初期投資の金額が嵩んでしまいそうなのですが、最初から利益をガツガツ掴んでいこうとせず、やはり小額の資金で少ない金額の取引を行ってください。
これは、搊をしないためであり、勉強のためでもあります。
まずは1万通貨(大体mのFX会社の最低単位で、呼び方は1枚)でポジション建てします。
1枚だとドル円が80円で80万円分となりますので小口といっても扱う金額は大きいのです。
とにかくこうやって、まずは搊失を出さないことを一番に考えて、少ない資金を運用する。そして経験を積むことが初心者には一番大事なことであり、また利益を出していくのに一番の近道だといえます。
また、最初は値動きが比較的穏やかな東京市場で経験を積むといいでしょう。
レバレッジを上げるタイミングとしては、東京市場に慣れ、変動が激しい欧州市場をある程度経験してからがいいと思います。大きい値動きの怖さを理解し、取引により慎重になれれば安全に資金運用していけるということです。
高レバレッジというのは、ハイリスクハイリターンな取引になり、ひじょうに神経が磨り減ります。また心臓にも悪いですね。

初心者の基本は短期売買

外国為替相場の予測を長期的に行うというのは、プロでも至難です。それを初心者がやろうとしても、うまくいく確立は極めて低いといわざるを得ません。ですので、初心者の人は短期売買一択でいいと思います。ここでいう短期とはポジションを次の日に持ち越さないで、その日のうちに決算を済ませることとします。
寝ている間に欧州タイムで…という話は後を絶ちません。
スワップに関して言えば通貨ペアの値動きをきちんと予測できないと、資金とレバレッジによっては強制ロスカットという措置になりかねませんので、危険です。
安定の高金利差でも長期保有せず、短期で決済することがリスク回避となるのでおすすめです。
また、初心者への短期メリットは、短期間でも必然的に取引回数が増えるので、経験をより多く積むことができるということです。